「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

piccolo BLOG

bypiccolo.exblog.jp
ブログトップ

カーネーションから戦争を考える。

f0213837_4293874.jpg


最近の私の楽しみは、NHKの朝の連続ドラマ「カーネーション」。
主演・尾野真千子の演技力もさることながら、何より感心させられるのは、脚本の面白さだ。
登場人物の設定から一つひとつの台詞まわしまで、細部にわたって工夫が凝らされており、
これまでの連ドラの固定観念を超えた、一つの芸術作品に仕上がっている。

私は先日、その舞台となっている岸和田を訪れた。写真はコチラ。
私が住んでいる堺と岸和田は、南海電車で約30分ほどの近距離なのだが、
学区が違うせいか余り縁が無く、これまで岸和田について知る機会は殆どなかった。
そこで行く前に下調べをしようとネットで検索したら、偶然とても興味深いページを見つけた。
この記事【1】【2】は、岸和田図書館の職員の方が本の紹介を目的として書かれたものだが、
大正・昭和時代の岸和田の女性史が、非常によくわかる形でまとめられているので、
ぜひ多くの人に読んでほしい。山岡春による廃娼運動、女性の社会参画と愛国運動への加担、
紡績工場の朝鮮人女工の苦難など、多くの文献をもとに、時代を追って書かれている。
カーネーションでも「銃後の女」を唱え主人公の商売をやめさせようとする「国防婦人会」の女性たちが
登場したが、彼女たちは、まさにこうした歴史の中にあったのだ。
私は今回、この文章を書いた司書の方にぜひ会いたいと思い、岸和田駅に着くとまず、図書館を訪れた。
2階の「岸和田再発見コーナー」のすぐ横に、職員の方が机を並べて仕事をされておられたので
思い切って話しかけてみた。すると、私が話しかけた男性が、まさに記事を書かれた職員さんだった。
曰く「だんじり以外にも岸和田の歴史や魅力を知ってほしい」との思いで
昨年より「岸和田再発見コーナー」を設置、そして秋からカーネーションの放送にあわせて、
女性史に関連する本を集めて紹介しているとのことだ。
立ち話で様々な興味深い話を聞いたが、印象的だったのは、国防婦人会に関連して、
「“善意”で行う奉仕活動がやがて国家に絡めとられていく危険性を、
今を生きる私たちも自覚しなければならない」との言葉だった。

岸和田図書館では3/10、下記のような企画も予定している。
3/10(土)14:00~「戦時下の市民生活とだんじり祭り」
講師:横山篤夫氏(元・岸和田高校教諭、関西大学非常勤講師)


さて、「岸和田再発見コーナー」ではカーネーションの小篠綾子の著作から、
前述したような女性史にまつわる本まで、様々な文献が紹介されているのだが、
私は岸和田紡績の朝鮮人労働者について書かれた、金賛汀著『朝鮮人女工のうた』を読んでみた。
岸和田紡績については少し聞いたことはあったが、労働争議のことは全く知らず、
実際に読んでみると、目から鱗の連続だった。
岸和田紡績で朝鮮人が働き始めたのは1918年頃だが、早くも1922年に春木で労働争議が起きており、
以降、何度も抵抗運動が起きている。
そして1930年に起きた最も大きな労働争議は、何と私が住んでいる堺の七道や三宝地域(大和川周辺)
が現場となっていた。工場から脱出してストを起こした女工たちが籠城していたのが、
この地域にあった労働組合の宿舎だったのだ。
堺には岸和田紡績の分工場があり、また大きな労働組合も存在した。
1930年は、世界恐慌による急激な賃金値下げが起き、日本の労働組合は積極的に運動を展開した。
このストライキは、女工たちが自主的な「夜学」によって権利意識を向上させ立ち上がっていった側面と、
日本の労働組合が、当時最も底辺におかれていた朝鮮人女工たちを積極的にオルグし、
その“怒りのエネルギー”を利用して運動を激化させた側面があったという。
しかも最終的に警察の拷問により犠牲を強いられたのは、朝鮮人女性であった。

ちなみに岸和田紡績で働く女工たちの8割は地元以外の出身で、
被差別部落や沖縄出身者、朝鮮人であった(全体の約2割が朝鮮人)。
安価な労働力を確保するため、そうした地域に絶えず募集人が配置され、
ときに騙言や暴力をともないながら、募集活動を行っていた。
こういう話をすると「強制連行ではなく自由募集なのだから問題ないのではないか」
という意見が必ず出てくるが、経済格差を利用して過酷な労働現場に引き込み、
利潤追求の為に徹底して人間を酷使するという体制、またそれを支える思想そのものが問題であり、
それを問う視点が無い限り、今日本で働く外国人労働者たちも、
根本的にはずっと同じ状況が続くことになるだろう。

私は、岸和田紡績跡地(現・寺田紡績)を訪れてみた。
赤レンガの大きな建物はそのまま現存しており、タイムスリップしたような感覚に襲われた。
その周りを一周した後、紀州街道を歩き、
当時「朝鮮町」と呼ばれていたという並松町(ちなみに小篠綾子が実際に不倫相手と暮らしていた町)を通り、
最後に下野町にある共同墓地に立ち寄った。
そこには誰のものか不明のお墓がたくさん有り、
ひょっとしてこの中に朝鮮人女工がいるかもしれないとの思いでお参りしてきた。
f0213837_4305519.jpg


もちろん、ドラマに関連するところもしっかり回ってきた。
コシノ洋装店はもちろんのこと、その向かいの履物屋、NHKギャラリー、
そして木之本のおっちゃんのアメリカ衣料の店、
また奈津の料亭のモデルとされる五風荘(下記写真。がんこ寿司が入っており、昼食を取った)。
そして岸和田城、だんじり会館。

南海旅行社がこのようなツアーも組み始めたようで、カーネーションファンの方はぜひ、岸和田へ小旅行してみてはどうだろう。
f0213837_444781.jpg


冒頭、カーネーションの魅力は脚本にあると書いたが、特にそう感じるのは戦争の描き方だ。
戦争の悲惨さを最も体現しているのが、“勘助”という脚本家オリジナルの登場人物だが、
彼は主人公とは対照的な、繊細な心の持ち主で、戦地で精神を奪われ帰還し、
戦争末期、再度招集されて、戦地で死亡する。
その母は、息子を奪われたショックで戦後も長く病むことになる。
主人公が関わりを続ける中で、やがて再起するのだが、彼女が死ぬ前に言う台詞が凄い。
「私はずっと、うちの子は戦地で、相当酷いことを“やられた”んやと思ってた。
でもな、あの子は“やった”んやな。」
TVで日本軍についてのドキュメンタリーを見て、初めて本当のことがわかったのだと、彼女は言う。
被害者としての戦争観から加害者への転換。日本のTVドラマでこうした視点で描かれたものは珍しい。
行きたくもない戦争に駆り出され、そして生身の人間を殺してしまったという事実。
その事実こそが、勘助を苦しめていたということ。
戦争とは、このように罪の無い人間を加害者にしてしまうものなのだ。

最近、「南京大虐殺はなかった」とか、
「世界には自らの命を落としてでも難題に立ち向かうべき事態がある」などと言い憲法9条改正を
訴える政治家が、
主要都市の首長となり多くの国民の支持を得ている事態は、極めて危ない状況だと私は感じる。

過去の戦争をどう見るのか。
ぜひカーネーションブームを機に、多くの人に考えてもらいたい。
[PR]
# by hwaja_piccolo | 2012-03-02 00:19 | 過去の記事

~岸和田めぐり・ミニアルバム~

f0213837_037336.jpg
f0213837_0293459.jpg
f0213837_030047.jpg
f0213837_456064.jpg
f0213837_0302658.jpg
f0213837_0311272.jpgf0213837_0313060.jpgf0213837_0314560.jpgf0213837_032834.jpgf0213837_0322884.jpgf0213837_0334167.jpg
f0213837_456258.jpg
[PR]
# by hwaja_piccolo | 2012-02-29 00:35 | 過去の記事

身体障害者のありのままを見るということ。(劇団・態変の鑑賞)

f0213837_1134575.jpg  昨日、なんば千日前にある精華小劇場で、劇団・態変の「ファン・ウンド潜伏記」を観に行ってきた。劇団態変については本で読んだことがあり、在日コリアン2世の金満里さんが、青い芝の会の思想を起源にしつつ、障害者と在日コリアンという複合差別の立場で独特の演劇表現をされているということで、いつか観てみたいと思っていた。

 態変の舞台は台詞がない。障害者の身体表現と美術、音楽のみで構成されている。それは決して〈わかりやすい〉ものではない。約2時間、ひたすら身体障害者の動きだけを見て、我々は何を感じるか。これほど健常者の感じる心が問われる機会は無いかもしれない。

 今回初めて観劇して、まずは鍛えられた肉体に驚いた。役者によって、障害の重さや種類、体の特徴もそれぞれ異なっているのだが、それぞれの方法で、自分の身体をフルに動かして、踊ったり、怒り狂ったり、もがいたり。それがとても力強く、また機敏なのに驚いた。

 中でも、サンモを回しておられた役者さんと、特別エキストラ出演の、手足が無くて本当に小さな体の女性の舞台を這う姿には、心底驚いた。人間とは何なのだろうか、身体とは何か、魂とは何か、私は自分の価値観がひっくり返るような感覚に襲われた。

 チャンゴを叩く満里さんは、貫禄があった。どしっと構え、そして時々まわりを見渡して、微笑んでいるようだった。最後のプンムルは、みんな輪になって叩いて、踊って、本当に農楽の雰囲気が出ていた。プンムルのリズムを一緒に感じられる自分で良かったと思った。

 観客席は、最初から最後まで、しっかり姿勢を正して舞台に見入っている人が多かった。幕が閉じたとき、私の前の男性は立ち上がって拍手をしようとした。また、海外からわざわざ来られたのだろうか白人の男性は、舞台にかけあがって花束を満里さんに渡した。会場には一体感が生まれていた。

 ともかく、観に行って良かった。素晴らしかった。身体障害者のありのままをじっと注視するということは、ふだんなかなか無い。何か「奇異」な人を街で見かけたとき、じろじろ見ることはできないから、避けてしまう。そうではなくて、劇団・態変は、身体障害者のありのままを見よ、ひたすら見よ、と訴えているような気がします。それは健常者にとって、これまで信じてきた価値観を壊される辛い作業でもあるけれど、この訴えを、常に心にとめておかなければと思う。

 最後に「劇団態変の韓国公演を共に実現する会」の方からカンパの呼びかけがありました。3月の韓国公演予定にあたり、大勢の身体障害者の国外移動、舞台装置の運搬などに相当な費用がかかるそうです。興味をもたれた方は、観劇(~16日まで精華小劇場でやっています)とあわせてカンパのご協力を!!

☆態変公式サイト
http://www.asahi-net.or.jp/~tj2m-snjy/jtop.htm

☆金満里さんブログ
http://kimmanri.exblog.jp/

☆劇団態変の韓国公演を共に実現する会
http://tomojitsu.blogspot.com/
[PR]
# by hwaja_piccolo | 2011-01-15 01:30 | 過去の記事

朝鮮学校無償化停止について

先日、朝鮮学校無償化が停止されました。
この件について、数日間、悶々としています。

再度、自分の頭の中を整理するためにも、
なぜ朝鮮学校無償化除外が問題なのかについて、ここに書くことにします。

まず、この間の経緯をたどりましょう。

高校無償化法は、
昨今の不況下で高校を辞退し働かざるをえない子どもたちが激増している中、
子どもの教育権を守るため、民主党の目玉政策として掲げられました。
そして、国会審議を経て3月末に成立、4月1日施行されました。

この法律によって、公立高校は無料、私立高校にも同等の金額を就学援助金として援助することが決まりました。私立学校には、外国人学校や各種学校も含まれます。
しかし、朝鮮学校に関しては除外するべきだとする意見が強いということで、
専門家による会議で別途検討、一旦保留になりました。

当初、8月中には結果が出るということでしたが、
反対派の圧力が強く、議論はなかなか収集しませんでした。
特に産経新聞などは、非常に強い論調で除外を訴えていました。

しかし、結果的には、論理的に朝鮮学校だけを除外することができず、
11月5日、ようやく朝鮮学校の無償化が決まりました。
正確には、無償化の学校適用基準というのが定められ、
朝鮮学校もそこに該当するということになったのです。

その適用基準とは、
(1)修業年数3年以上(2)年間授業時間800時間以上(3)校舎面積(定員200人の場合)600平方メートル以上(4)教員数(同)6人以上--など。年間指導計画、財産目録、学級編成表など13の書類を添付して11月30日までに文科省に申請、専門家会議の審査を経たうえで高木文科相が指定する。
というものです。

無償化が決まるまで、全国の朝鮮学校で、
公開授業や日本の学校との交流行事が行われました。
朝鮮学校が閉鎖的で何を教えているかわからないという声に応え、
学校関係者はもちろん保護者もふくめ、様々な取り組みがなされました。

そうした積み重ねを経ての無償化決定で、多くの在日が胸をなでおろしたところ、
3週間も絶たない間に、今回の砲撃事件。
日本政府は、朝鮮学校の無償化の手続き政府を停止させる、と発表しました。

何カ月もかけて議論してきたことや朝鮮学校が公開授業を行ってきた積み重ねを
無視し、単に外交的理由から、朝鮮学校に通う子どもの権利を奪いました。

考えてみて下さい。
朝鮮学校が、「共和国の砲撃を支持します」などという声明を出したのでしょうか?

今回の政府の対応は、
あたかも砲撃事件と朝鮮学校とが関わりがあるかのような偏見を植え付け、
「あいつらは危ないから権利を奪ってもよい」という態度を国民に示しました。
これは、国家による異民族迫害だと思いませんか?

そもそも、なぜ在日コリアンが、朝鮮学校を各地に作ることになったのでしょうか。
それは、日本政府や日本社会が、終戦後も日本に残らざるを得なかった朝鮮人に対し
相変わらず差別と迫害を続けたからで、
朝鮮人たちは自分たちのコミュニティがないと生きていけない状況があったからです。

学校というのは、子どもたちにとっては、社会です。それがすべてです。
そこで子どもがいじめられたり、自分を否定されたりすることは、
親にとっても、当然避けたいことです。ですから、差別体験のある親たちは
子どもはウリハッキョ(私たちの学校=朝鮮学校)に通わせたい、と強く願うわけです。

朝鮮学校の成立が、北朝鮮が創ったものでないことは言うまでもないと思いますが、
念のため簡単に説明すると、以下の通りです。

朝鮮学校は、植民地支配によって奪われた言葉や名前やアイデンティティを取り戻すために、在日コリアンが自主的に創った学校です。最初は寺子屋のようなものでしたが、
そうした取り組みは、全国的に広がりました。

その後、祖国が分断されることになり、在日の民族教育を支援したのは、韓国政府ではなく北朝鮮政府でした。北朝鮮は「在日朝鮮人は海外公民である」と宣言、つまり我々の同胞であると高らかに謳いました。その言葉に救われ、多くの人が北朝鮮こそが我が祖国と感じたわけです。

そういうわけで、北朝鮮式の教育内容が色濃くなりました。しかしながら、だからといってそこへ通っている子どもたちが北朝鮮をあるいは金正日を崇拝しているかといえば、そうではありません。朝鮮学校の子供たちも日本のTVやメディアを見ています。普通に考えて、崇拝するはずありません。

朝鮮学校の存在意義は、在日コリアンが、ありのままに、在日であることについて
否定することなく普通に暮らせる教育環境が保障されているということです。

私は、本来、日本政府が、戦後補償的観点からも、
在日コリアンの民族的アイデンティティを守る教育環境を保障するべきだと考えています。
しかし、政府はこれまでずっと無施策を取り続け、
今回に至っては、時勢に乗じて朝鮮学校を排除しようとしているのです。

ところで、
「朝鮮学校を無償化すれば日本国民の税金が北朝鮮に渡ってしまうから反対だ」
などという意見がありますが、それは間違っています。
高校無償化法は、基本的に、学校への支援金ではなく、生徒への支援金です。
また、税金を払っているのは日本国民だけではありません。我々もです。

さらに、日本は「子どもの権利条約」を批准しています。
その第8条(身元保全)-1では、
1 締約国は、児童が法律によって認められた国籍、氏名及び家族関係を含むその身元関係事項について不法に干渉されることなく保持する権利を尊重することを約束する。

第30条(少数民族の権利)では、
 種族的、宗教的若しくは言語的少数民族又は原住民である者が存在する国において、当該少数民族に属し又は原住民である児童は、その集団の他の構成員とともに自己の文化を享有し、自己の宗教を信仰しかつ実践し又は自己の言語を使用する権利を否定されない。

となっており、日本政府は、自国に住む民族的マイノリティに対し、その国籍や名前(第8条)、言語や文化(第30条)を保持する権利を尊重することを約束しているわけです。

こういった点からも、日本政府は在日コリアンの民族教育を尊重するべき立場にあります。

さて、朝鮮学校が無償化から除外されたらどうなるのでしょうか?

この不況下で影響を受けているのは日本人だけではありません。
在日もまた(在日のほうがより一層)、経済苦で子どもの教育費に悩んでいます。
なんとかしてウリハッキョに通わせたい。でも学費のめどがたたない。
そうなれば、やむをえず、日本の学校を選ぶでしょう。

もしそこで、いじめにあったら?
日本政府は、その場合の対策まで考えているでしょうか?

いじめとまで行かずとも、
99年の国旗国歌法成立以来、日の丸や君が代の強制が厳しくなっている日本の学校において、在日が息苦しさを感じずに過ごせると、言い切れますか?

ちなみに私は、日本の学校で育ちました。
いじめにあったことはありませんでしたが、それは日本の名前を使っていたからでしょう。
しかし私はいつも、日本人であることが前提とされている教科書や教育内容に対し、
幼いながらも違和感を覚えていました。一方で、韓国や朝鮮は、もっと遠い存在でした。私は一体何者なのか?私の居場所はどこなのか?と悩んだ、孤独な日々がありました。
在日が自分の存在をまっすぐに見つめ、それを肯定するためには
なんらかの教育プログラムが必要です。

日本政府は、今回の砲撃事件を受けて、
在日コリアンへの差別や迫害を防ぐような政策を積極的にとるべきでした。
外交面で弱腰と批難され、何らかのアピールをせまられた結果であることはわかりますが
外交的に全く効果のない選択であり、国内世論へのポーズでしかないことは明らかです。

どうか一刻も早く、朝鮮学校無償化手続きが再開されるよう、
文科省へ働きかけるなど、皆さんのできることを考えて頂けるよう、お願い致します。
[PR]
# by hwaja_piccolo | 2010-11-28 02:03 | 過去の記事